おすすめの20代若手振り飛車党を全員まとめてみた

将棋

近年は「振り飛車」=「不利飛車」などと言われるほど、振り飛車は形成不利となっています。
その証拠に、今まで振り飛車党だったプロ棋士も、徐々に居飛車へ転向しています。
代表的な方だと永瀬王座や広瀬八段でしょうか…。

しかし決して振り飛車が、死んだわけではありません。
最近、プロ棋士になった若手の中でも沢山の振り飛車を指す方がいます。

今回は、20代の若手プロ棋士の振り飛車党を全員紹介したいと思います。
これからあげる9名は、ほぼ振り飛車しか指さないです。

もし振り飛車に興味がある方は、是非この人たちの棋譜やSNS、書籍などを見てみると、大変勉強になりますので調べてみてください。

スポンサーリンク

20代の若手振り飛車党を全員まとめてみた

下記、年齢順とさせております。

  1. 山本 博志
  2. 古森 悠太
  3. 石川 優太
  4. 谷合 廣紀
  5. 菅井 竜也
  6. 黒沢 怜生
  7. 井出 隼平
  8. 杉本 和陽
  9. 西田 拓也



山本 博志

やまもと ひろし
1996年8月13日(24歳)
東京都江東区 出身
C級2組
今年度成績:13勝11敗(0.5416)

今年度の成績が約5.5割ですが、特に9月~11月は8勝2敗と素晴らしい成績を残していました。
C級2組の順位戦も5勝2敗(12/5現在)とギリギリ昇給圏内に位置しており、今乗っています。
山本四段といったら、やはり三間飛車です。(飛車を角の隣三筋に持ってくること)
近年三間飛車がまた注目されていますが、その一端を担っている存在です。

◆twitter
https://twitter.com/yamahiro3ken

◆note
https://note.com/yamahiro3ken

▼山本博志四段の対局
将棋対局速報▲山本博志四段ー△伊藤 匠四段 第34期竜王戦6組ランキング戦[三間飛車]

◆書籍

古森 悠太

こもり ゆうた
1995年8月20日(25歳)
大阪府高槻市 出身
C級1組
今年度成績:13勝8敗(0.6190)

50名以上からたった3名しか昇級できないC級2組を見事突破し、現在C級1組に在籍。
そのC級1組でも5勝2敗とまだまだ昇級争いに絡める位置につけています。
得意戦法は三間飛車です。
守りを固めるタイプというより、守備はほどほどに軽く捌いていく印象があります。
三間飛車の流行を作った一人でもあります。

◆twitter
https://twitter.com/komosuke8

▼直近の古森悠太五段の対局
将棋対局速報▲石井健太郎六段(3勝0敗)-△古森悠太五段(3勝1敗) 第79期順位戦C級1組5回戦[三間飛車]

石川 優太

いしかわ ゆうた
1994年11月11日(26歳)
三重県三重郡 出身
C級2組
今年度成績:18勝11敗(0.6206)

昨年4段昇段したばかりの、新星の振り飛車党。
順位戦では3勝4敗と負け越していますが、早指しの銀河戦などでは藤井聡太二冠の師匠である杉本八段に勝利するなど、ポテンシャルの高さを見せている。
得意戦法はこちらも三間飛車。
※若手では「三間飛車は有力!」と証明されている方が沢山います。

▼直近の石川優太四段の対局
将棋対局速報▲富岡英作八段(1勝3敗)-△石川優太四段(2勝2敗) 第79期順位戦C級2組5回戦 千日手指し直し局[相振り飛車]

谷合 廣紀

たにあい ひろき
1994年1月6日(26歳)
東京都中央区 出身
C級2組
今年度成績:16勝9敗(0.6400)

順位戦こそ負け越しているものの、今年度成績6.4割と好調です。
11月までは9勝1敗と恐るべき数字をたたき出しており、若手強豪から古豪棋士まで、満遍なく勝利を収めています。
王位戦では予選の決勝まで残っていましたが、あと一歩で念願の決勝リーグならず…。
藤井聡太二冠との対戦はまた来年に期待したいですね。
本当にこれからが楽しみな棋士の一人です。
得意戦法は四間飛車です。

◆twitter
https://twitter.com/hirokitaniai

▼直近の石川優太四段の対局
将棋対局速報▲谷合廣紀四段ー△斎藤明日斗四段 第34期竜王戦6組ランキング戦[四間飛車]

菅井 竜也

すがい たつや
1992年4月17日(28歳)
岡山県岡山市 出身
A級(A級:1期)
今年度成績:13勝13敗(0.5000)

今回紹介している9名の中で、圧倒的成績を残しているのがこの菅井八段です。
2017年には8大タイトルの一つ「王位」も獲得した、まさに振り飛車党のエースです。
今期から「神々の戦い」と称されるA級に昇級し、現在奮闘中です。
勝率は5割ですが、対局する相手がタイトル経験者が多いので5割でも十分凄い数字です。
得意戦法は三間飛車、中飛車です。
菅井流三間飛車という戦法があるほど、独創的な戦型をすることも有名です。

▼直近の菅井竜也八段の対局
将棋対局速報▲稲葉 陽八段(2勝2敗)-△菅井竜也八段(1勝3敗) 第79期順位戦A級5回戦[ゴキゲン中飛車]

◆書籍

黒沢 怜生

くろさわ れお
1992年3月7日(28歳)
埼玉県熊谷市 出身
C級2組
今年度成績:11勝10敗(0.5238)

端正なルックスで人気の黒沢五段。
今年度順位戦も6勝1敗と現在2位の位置につけており、好調ぶりを発揮しています。
順位戦と同等の重要棋戦である竜王戦では、すでに4組まで上がっており実力を証明済み。
Abema将棋トーナメントにも出場し、人気に拍車がかかりました。
得意戦法は向井飛車と中飛車です。

▼直近の黒沢怜生五段の対局
将棋対局速報▲藤森哲也五段(2勝3敗)-△黒沢怜生五段(4勝1敗) 第79期順位戦C級2組6回戦[四間飛車]

◆書籍

井出 隼平

いで しゅんぺい
1991年5月3日(29歳)
神奈川県横浜市 出身
C級2組
今年度成績:9勝10敗(0.4736)

今年度の成績は負け越していますが、直近11月~12月では5連勝と巻き返しています。
好調の谷合四段にも勝利を収めており、実力は証明済み。
登竜門と言われている加古川青流戦でも、優勝経験があります。
Abema将棋チャンネルの解説も多く、振り飛車にはとてもタメになる解説をしてくれています。
得意戦法は四間飛車。

◆twitter
https://twitter.com/nomayon0503

▼直近の井出隼平四段の対局
将棋対局速報▲谷合廣紀四段(1勝2敗)-△井出隼平四段(1勝2敗)第79期順位戦C級2組4回戦[相振り飛車]

杉本 和陽

すぎもの かずお
1991年9月1日(29歳)
東京都大田区 出身
C級2組
今年度成績:10勝8敗(0.5555)

順位戦では4勝3敗とまずまずの杉本四段。
竜王戦では5組に在籍しており、現在一回戦突破し二回戦に進出中。
得意戦法は振り飛車全般と、相手によって様々な指しまわしが出来るのが持ち味です。
三段から四段のプロデビューまでに、およそ9年かかった苦労人だが、直近2年では勝率6割と実力を示しています。

▼直近の杉本和陽四段の対局
将棋対局速報▲西尾 明七段ー△杉本和陽四段 第71期王将戦一次予選[四間飛車]

◆書籍

西田 拓也

にしだ たくや
1991年8月25日(29歳)
京都府京都市 出身
C級2組
今年度成績:13勝11敗(0.5416)

今期は勝率5.5割で順位戦では3勝4敗と少し苦しいシーズンです。
しかし朝日杯オープンでは、現在A級の1位である斎藤慎太郎八段に勝利を収めるなど、早指しでの好調ぶりがうかがえます。(決勝トーナメント進出が決定しています)
得意戦法は三間飛車です。

▼直近の西田拓也四段の対局
将棋対局速報▲西田拓也四段ー△斎藤慎太郎八段 第14回朝日杯将棋オープン戦二次予選[三間飛車]

◆書籍

スポンサーリンク

まとめ

プロ棋士の振り飛車党の割合は、やはり減少していますが「不利飛車」というほど停滞してい訳ではありません。
コンピューター将棋にはない自由な指しまわしで、居飛車を翻弄する対局も沢山生まれています。
菅井八段が先日豊島竜王にも、順位戦で勝利を収めているところを見ると、まだまだ研究によって振り飛車党がタイトルを獲得することも遠くないかもしれません。

  1. 山本 博志四段
  2. 古森 悠太五段
  3. 石川 優太四段
  4. 谷合 廣紀四段
  5. 菅井 竜也八段
  6. 黒沢 怜生五段
  7. 井出 隼平四段
  8. 杉本 和陽四段
  9. 西田 拓也四段

以上の9名は、きっと今後の将棋界で活躍してきますので、チェックしていきましょう!
今度は女流棋士の振り飛車党をピックアップしたいと思います!!(多いですが…)
お楽しみにしていてください。
振り飛車を一緒に応援していきましょう。

※下記、私が毎日視聴している将棋対局youtubeチャンネルです。
改めて感謝を申し上げます。

◆徹底解説!将棋の定跡

徹底解説!将棋の定跡
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

※その他、初心者・級位者の振り飛車党におすすめのyoutuberもご紹介しております。

※将棋を始めたい方などにはこちらから読んでみると入りやすいです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました