連絡が遅い人の本当の理由

スキルアップ

SNSや連絡ツールに沢山の種類がある現在、皆さんが口をそろえて言うのは「返事を早く返してほしい」です。
ラインやメール、電話など出来るだけ早くレスポンスをもらえると、円滑に物事が進みます。
沢山の著書にも「返事が遅いやつは仕事ができない」と書いてあります。
しかし返事が遅い人には、いくつかの理由があります。
ただ返事が遅いと言っていても、解決にはなりません。
仕事のパートナーなどの返事が遅いことについて困っている方は、まずその原因を把握して改善できるように対処していきましょう。
原因に合わせて、自分の行動を変えれば、解決に一歩近づきます。

スポンサーリンク

返事が遅い理由

  1. やる気がない
  2. 決裁権がない
  3. それどころじゃない

▼転職を考えているなら退職代行がおすすめ

やる気がない

返事が遅い人は、好きな異性からの連絡でさえ、返事が遅いのでしょうか?
答えは限りなくNOです。
自分の好きな人、やりたいコトには誰でも返事は早いものです。
仕事でも一緒です。
やりたいプロジェクト、業務であれば返事はどんどん早くなってきます。
逆に、やることに疑問を持っていたり、やりたくない事の場合は返事が遅くなります。
返事は必ずその事について考えなければならないので、やる気のない事を思い浮かべるだけで苦痛を感じてしまい、結果返事という行為を遠ざけてしまいます。
それが返事を送らせている原因です。

【改善策】
・やりたい方と交代させてあげる
・その業務の楽しさ、興味の湧く部分を見つけてあげる

正直、この理由が一番改善が難しいです。
お笑い芸人であり、数々の事業を成功させているキングコングの西野さんも言っています。

「返事が遅い人とは仕事をしない。理由は、その人はその仕事が好きではないから」

キングコング 西野亮廣

会社員などでは、なかなか業務を交代することは出来ないと思いますが、出来るなら交代してあげてください。
もし交代ができないのであれば、その人を責めるのではなく、興味を湧く何かを探してあげてください。

▼転職を考えているなら退職代行がおすすめ

決裁権がない

質問に対し返事をする場合は、必ず答えを持っていなければいけません。
会社員にありがちですが、会社員は役職によって決裁権を領域が違います。
フリーランスとプロジェクトを進めていくと、必ずこの決裁権による問題が発生します。
一つの提案や質問について、自分の持つ決済範囲を超えてしまうと、上長へ確認をとらなければなりません。
フリーランスの方は、すぐさま自分で決めて返事ができますが、会社員はそれができません。

【改善策】
・どこまでの決裁権を持っているか確認する
・決済範囲を理解し、その前提でスケジュールを組む

相手の立場を理解してあげると返信のスピードもそれほどストレスになりません。
相手への配慮を忘れずに、仕事に取り組みましょう。

▼転職を考えているなら退職代行がおすすめ

それどころじゃない

これは作業を多く抱えている人によくあります。
本来、仕事が出来る人ではありますが、多くの案件を抱え、業務の整理整頓ができずにどんどん溜まっていくタイプです。
やりたい仕事から手を付けていきたい気持ちは誰でもありますが、中には緊急性の高い業務が多すぎて、それを対処することに追われてしまうのです。
私もよく緊急性が高く、且つ重要案件がいくつも重なってしまうことがありました。
目の前が山積みだと、ほかの事に頭が回らなくなるものです。

【改善策】
・Yes、Noで返答が出来るところまで進めてあげる
・良い意味で一旦距離を置いてあげる

この手の人には、いくら期限などの話をしてもあまり効果はありません。
返事を催促しても無意味です。
ある程度こちらで進めて、同意を求めるくらいの距離感でプロジェクトを進めてあげたほうが、ある意味良いチームワークだと思います。

以上の3つに分けてみました。
アナタの周りの返事が遅い人は、どれに当てはまりますか?
原因によって距離感や役割を変えると、仕事もとてもスムーズに進みます。
その人を批判したり、攻撃することに時間を使わず、原因を見つけて対処をすれば、結果あなたの評価に繋がります。
どんな人とでも仕事ができるようになれば、必ず重要な案件はアナタに回ってきます。
反対に自分が返事が遅くなっていると感じている人は、自分がどれに当てはまるか考えてみてください。
そしてそれを信頼できる方へ相談してみてください。
返事が遅いのは、必ず治ります!!

スポンサーリンク

【まとめ】

  1. やる気がない
  2. 決裁権がない
  3. それどころじゃない

「変わるのは相手ではない。あなたが変われば人生が変わる。」

▼転職を考えているなら退職代行がおすすめ


コメント

タイトルとURLをコピーしました